ALZUNI 本物の革の
エイジングを楽しむ
レザーアイテムの魅力は「高級感」「耐久性」、そして忘れてはいけないのが「革を育てる楽しみ」です。

この革が「使い込むほどに味を増す経年変化をエイジング」と呼びます。

ALZUNIが扱う高品質なレザー製品は、貴方の使い方によってエイジングしていき、貴方だけの手放せないアイテムへと変化していきます。

今回の特集はALZUNIのレザーへのこだわりとエイジング(経年変化)についてスタッフが使用しているウォレットなどを交えながらご紹介させていただきます。
国内最高級タンニンなめし革を使用した、
自社開発のサドル加工レザー
アルズニの製品に使われている数十種類の革は、バイヤーが厳選し世界各国から直接仕入れています。 中でも上質な国産タンニンなめしのヌメ革は、しなやかなのに伸びと弾力性は少ない最高級の革として根強い人気を誇ります。年々国産の上質タンニンなめし革が少なくなる中、厚さ4.5~5.0㎜の物は他社では入手不可能です。これは長年当社と取引してきたタンナーの努力により支えられています。

革は生き物と言われるように一枚一枚性質も違っています。自社工場ではその性質を最大限に活かす加工をし、製品へと仕上げていきます。オンリーワンのこだわりは、本物の職人のみが持つ「革に命を吹き込む」という技術の結晶でもあります。
長く付き合える「本物の革」を
ALZUNIは、革はその牛が生きていたときのストーリーがそのままダイレクトに伝わるものこそが「本物」だと考えています。植物由来のタンニンなめしにこだわり、血すじやトラをあえて残し、人工物には決してない表情豊かな「本物」の部分も製品にしています。 もちろんムラのない美しい部分も製品にしています。

一見すると、他とは違う見た目が気になるかも知れません。 でもそれはまぎれもない「本物」の証なのです。長く付き合ううちにきっと持ち主の個性を演出する、いとおしいオンリーワンになるのです。 かたちを変えても伝わる「本物」の息吹と、革と真摯に向き合う私たちの想いを感じながらあなたにとってのオンリーワン探しをどうぞお楽しみ下さい。
最高級ヌメ革(サドル加工)
染色や塗装などをせずに仕上げられたヌメ革は、キズや汚れもつきやすい特徴があります。一般的なサドルレザーはその汚れなどが付いてしまう前にオイルなどを加え日焼けをさせてある程度、色をつけることで汚れの少ない綺麗な飴色に育てていきます。

当社、独自のサドル加工を施したヌメ革に関してはそのような手間をかける必要はありません。購入していただいたその場から使用していただけるようにALZUNI独自のサドル加工が施されています。
何も加工されていないヌメ革が薄い肌色に対し、ALZUNIのサドル加工革が多少茶褐色に色づいているのはそのサドル加工の影響です。

使い始めから経年変化の雰囲気を持たせておりそのまま使用していただければ、使い込むほどになんとも言えない独特のアメ色に変化していきます。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約20年


スタッフコメント:経年変化とともに焼印が強調され、カッコよくなっています。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約10年


スタッフコメント:経年変化による色の変化によりツヤの出方や色の濃さの濃淡がハッキリと出ています。
下のバナーをクリックするとサドルレザーを使用した製品をご覧いただけます。
サドルレザー
インディアナレザー
タンニンなめし革は国内最高級のものを使用しています。

一度に大量に革をなめすことのできる近代的なクロムなめしとは異なり、ピット(渋槽)に時間をかけて漬け込んでなめすタンニンなめしは、途方もない手間と時間、熟練の職人の技術が必要になります。
化学薬品などは一切使用しない植物タンニンなめしにこだわり100%ナチュラルの原皮です。しなやかで伸びと弾力が少なく、長年愛用できる製品作りには欠かせません。

使い込むほどに艶が増し、迫力のある表情に変化していきます。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約10年


スタッフコメント:周りを編み込んでいるレザーとのコントラストも艶やかです。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約7年


スタッフコメント:インディアナレザーはシルバーとの相性が抜群、ハードなイメージが好みのバイカーに特に人気があります。
下のバナーをクリックするとサドルレザーを使用した製品をご覧いただけます。
インディアナレザー
アカエイ革(スティングレー)
かつて日本刀の柄にも使われていたほど表面が丈夫で、水にも強いという特徴を持ちます。

スティングレイハートと呼ばれるツノ部分は「海の宝石」と称され、人々を魅了してきました。1枚の革から1つしか取れない貴重なものです。
当社では手間のかかる、銀擦りエイ(革表面を加工したもの)を取り扱っております。

経年変化はとてもゆっくりと光沢や革の表面の角が取れ滑らかな触り心地になってきます。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約15年


スタッフコメント:長年使い続けてもその輝きは失せることがありません。
下のバナーをクリックするとサドルレザーを使用した製品をご覧いただけます。
スティングレー·エイ革
ゾウ革(エレファントレザー)
ワシントン条約によって保護されているエレファント。

インド象に関しては現在も全面商取引禁止、アフリカ象は一部商取引が解禁されましたがその数はかなり制限されたものとなっています。
エレファントレザーの特徴は大きなシワと丈夫さ、撥水性の高さにあります。

使い込むことで艶が出始め、シワ感がより浮きだってきます。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約4年


スタッフコメント:耐久性も高く、メンテナンスも全く行わなくてもきれいな艶が出てきます。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約3年


スタッフコメント:エレファントレザーが希少種ということもあり、使っている人が少ないというのも魅力です。
下のバナーをクリックするとサドルレザーを使用した製品をご覧いただけます。
ゾウ革(エレファントレザー)
サメ革(シャークレザー)
サメ革としては国内最高級のブルーシャーク(ヨシキリサメ)を使用しています。

水に強く高い強度をもちます。頭部から尾部かけて細かい網目状のシボが特徴です。
使い込む程、ツヤと深みが増し、信じられないほど長持ちします。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約10年


スタッフコメント:凸凹として表面が独特の光沢を放ちます。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約3年


スタッフコメント:始めはマットな落ち着いた雰囲気がありますが、使い込んでいくほどにツヤが出て、長く経年変化を楽しめる革です。
下のバナーをクリックするとサドルレザーを使用した製品をご覧いただけます。
サメ革(シャークレザー)
フロントカットのダイヤモンドパイソン革
アミメニシキヘビの革でダイヤモンドパイソンとして広く知られているヘビ革です。

革名にあるF/Cとは、フロントカットの略であり、フロント(腹部)側をカットする事によりウロコの特徴でもあるダイヤ型の連続的な模様そのままを活かし仕上がりになります。

フロントカットパイソンは表面を特殊なコーティング処理で鱗の浮き上がりを抑えているので、艶やかで滑らかな手触りがとても上品な革となっています。愛用し使い込むことで、徐々に黄色味がかかりパイソン独特の経年変化を楽しめます。
下のバナーをクリックするとサドルレザーを使用した製品をご覧いただけます。
フロントカットのダイヤモンドパイソン革
バックカット(背割り)のパイソン革
バック(背中)側から革をカットしているので、普段地面に接する腹側の大きなウロコが中心に並んでいるのが特徴的な革です。

バックカットパイソンはその大きな鱗の特性を活かすため、表面には敢えてコーティング処理がされておらず、フロントカットと比べワイルドさを持っています。
使い込むほどに光沢が増していき、最初は浮き上がっている鱗が経年変化によりピタッと張り付くように仕上がっていきます。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約3年


スタッフコメント:高級感のある艶感に仕上がるのが魅力です。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約10年


スタッフコメント:バックカットパイソンならではの大きな鱗がワイルドな雰囲気を演出してくれます。
下のバナーをクリックするとサドルレザーを使用した製品をご覧いただけます。
バックカット(背割り)のパイソン革
Wショルダー
太く荒い繊維層の関節部分の厚みがありつつも柔軟性のある革です。

型崩れしにくく、頑丈な上に柔軟な革の為、「ベルトのための革」といわれるほど、ベルト帯用の革としての相性は抜群です。 当社ではWショルダーにもサドル加工を施したものと、染色したものをベルト帯として提供しております。
スタッフ使用サンプル
使用年数:約10年


スタッフコメント:肉厚で丈夫、使い込むほどに柔軟さが増し体にフィットしてきます。バイカーの方にはもちろん、ヴィンテージファッション好きの方にもおすすめです。

メールマガジンの登録

ご登録完了後、登録メールアドレス宛てに「ご登録完了メール」をお送りします。

メールマガジンはお客様のメール設定に合わせて、テキスト版、またはHTML版が表示されます。
※スマートフォンで、PC用のメールアドレスを登録される場合、早朝より配信する可能性がございます。

メールマガジンでの登録は無料ですが、接続料、通信費はお客様のご負担となります。

閉じる 登録する