みなさんこんにちは、ALZUNIです。

今回は「ALZUNIのものづくり第一弾」と題して、制作現場で活躍している馬場さんのインタビュー記事をお届けさせていただきます。
二つ折りファスナー
サイフ制作秘話
どうして、この財布を企画開発したのですか?
【馬場】

店舗のお客様からの声を聴いていて、既存の財布よりも厚みが薄く、でも容量は欲しい、カードたくさん仕分けて入れたい。その要望に応える為に、この財布を企画しました。
 
それまでの財布は、ボリューム厚みはあるがカードポケットの数が少ない財布でした。
この財布を作るのに、カードポケットは付けられるだけ付け、それでなおかつ、厚みを減らそうというコンセプトで企画をしました。
 
この財布は、自社財布では小銭入れをファスナーにする先駆けとなりました。
小銭入れ部分をファスナーにすることにまだ抵抗あった時代に、厚みを極力薄く考えて、やはりファスナーを使用すると決めて開発した経緯があります。
この財布のこだわり部分はどこですか?
【馬場】

僕の作る多くの財布に共通するが、まず、マチの部分。このM型のマチです。

それまでの内側に大きく入り込むマチだとお札が曲がるので、それをなくすためにM型のマチを採用しました。そのマチのおかげで、お札の出し入れもしやすい構造になりました。

ポケットの上部のアール部分は、指をかけてポケットを開きやすい形状にしています。
それまでのまっすぐのパーツだと、使用していると伸びてきます。それは経年変化でなく劣化に見えます。
その部分をアールにすることで伸びにくく、長く使ってもキレイなラインになるように変更しました。
ファスナーにYKK製のエクセラファスナーを使用しているのも、こだわりの一つです。

正直、単価は高い高級なファスナーなのですが、自社製品の強靭な革に相応しいファスナーだと判断して採用することにしました。

このファスナーは耐久性が高く、ホールド感が他ファスナーとはまったく違います。

ムシと呼ばれるファスナーの噛み合うひとつひとつが研磨されていて、見てもらえばわかりますが、他のファスナーとは構造が違い、しっかりと噛み合うホールド感、また、スライダー性も優れていて、使いやすく耐久性も抜群です。

オートマティックスライダーといって、勝手に開きずらく、ちゃんと引かないと開かないようになっている点も特徴の一つです。

ALZUNIではお客様の要望でカスタムも多く、このスライダーの引手に、大きなシルバーを取り付けたりするカスタムも非常に人気がある為、重さのあるシルバーを付けても勝手にファスナーが開かないようにするためにもこのエクセラファスナーは必要で採用しました。
開発で難しいかった個所はありますか?
【馬場】

一番苦労したのはカードポケットがたくさんあることです。

ALZUNIでは全てのカードポケットパーツを、本物の革で作っています。
カードポケットパーツは重なっている構造になっており、カードポケットの段数を増やせば、またカードポケットの個所を増やせば増やすほど、本来財布自体の厚みはどうしても増してしまいます。
しかし厚みを減らすというコンセプトのもと、これを部分漉きという方法で解決しています。

カードポケットのひとつのパーツでも、見える部分、開く部分は厚みをおよそ1mmに、見えない部分はもう1段階薄く、およそ0.5mm~0.7mmにしています。

そうすることで、パーツが重なる部分の厚みがほとんど感じられません。
パーツの裏側を触っていただくとそれがお分かりいただけると思います。

この方法は、もちろん手間も時間も余分にかかるし、機械の刃の設定も変えなくてはなりません。
しかし、薄くて、でもたくさんのカードが収納できることがコンセプトであるこの財布を作るうえで必要な、譲れない、こだわり部分です。
開発で特に悩んだ部分はどこですか?
【馬場】

この財布のM型のマチの部分です。

平たい革を折り紙みたいに曲げるこのパーツですが、ただヒトの力で折ったりして作ると、力加減や角度で個人差があり、折れ方が違ってきます。

機械で乱暴に押し曲げると、革が割れたりすることもありました。
製造工程で作業員誰もが間違いなく折れるように、革に折れ線を付くようにしなくてはならなかず、金型を試行錯誤しながら作成して開発しました。

何度もテストしてできていったこだわりがあります。
どんな方に使って欲しいですか?
【馬場】

革財布を使ってみたいという全てのお客様です。
この形で、いろいろな革でも作れるので、男性だけではなく、女性の方にも使ってもらえると嬉しいです。
この革の魅力は?
【馬場】

この財布は、合皮などは一切使わず、本物の一枚革のサドルレザーを使って作っているので、圧倒的に長持ちします。

その長持ちするうえで、毎日使う財布として、使うことで使い手それぞれの経年変化をしていくというのも魅力となります。

僕は、ほとんどメンテナンスなどしなくても、使い手の使いやすいように雑に使っていただければ良いと思っています。金具部分などは交換はできるのでメンテナンスという点でも安心してお使いいただきたいと思います。

あまり神経質にならず、その方のライフスタイルに合わせて自由にに使って欲しいと思います。

使っていく上で「もっと仕切りが欲しい」や「この裏にもカードポケット欲しい」など何かご要望があれば、ぜひ店舗またはLINE·メールなどでご相談ください。
この財布から感じ取ってほしいことは?
【馬場】

例えば食べ物だと、本当に美味しいものはいつの間にか気が付いたら全部食べて無くなっているのと同じで、愛用されている方には、気がついたら、この財布を自分は長く使っているなぁと感じて欲しいと思います。

こだわりといっても、それはごく当たり前のことをしっかりおこなうということで、デザインがどうとかではなく、製造過程で、この部分はこういう素材を使う、こういう作り方をするなど、そこをしっかりおこなうこと。

この財布、長く使えるなと気が付いたときに、その理由はそこにあります。
必要なこと、正しいコトをきちんとやっている財布だということを感じて頂けたら幸いです。
おすすめカスタムは?
【馬場】

一番手軽で見た目もがらりと変わるコンチョの変更です。

また購入後でも店舗などで、革の変更カスタムも可能で、革色がツートンなどの注文も可能ですので、是非ご利用頂ければと思います。
この財布を検討されているかに伝えたいことは?
【馬場】

この財布は、価格は20,000円 (税込 22,000 円)します。

その価格が決して安いとは思いませんが、その価格と同等、同等以上の価値のある財布だと自信をもっていうことが出来ます。

作り·素材·革、をしっかりと考え作られている僕の自信作の一つですので、一人でも多くのお客様に使っていただき、喜んでいただけたら嬉しく思います。
カナダ(株)製品の良いところは?
【馬場】

企画力·行動力·機動力です。
糸ひとつにしても、さらに良いものはないか追求し、実は糸の色によっても仕入れ先を変えています。
 
僕は、製品には、作り手のひとりひとりの個性は見えなくて良いと考えています。作っていく過程·技術·素材、そこに自社製品の価値があると思っています。これがカナダ㈱製品の良さに繋がっていると思います。
 
また、カナダ㈱には大量生産できる環境もあり、品質の高いモノを多く早く作り出せることは自社の強み、僕が一番好きな強みです。

そこに個性が加わるのが、お客様の要望、カスタマイズです。コンチョや、ステッチの変更·革を変えるなど、お客様の要望に合わせて作ることで個性が加わった製品になる、このカスタマイズ力の高さも魅力だと考えています。
ALZUNI ONLINE STOREを利用するお客様に
【馬場】

オンラインなので、手にとっては見れないかもしれないが、購入して、手に取ってみた瞬間に、他とは違う良さがすぐにわかります。

高級感、重量感、手触り感、仕上げ、良さを感じ取れる財布です。
多くの方の想像を超える良さがありますよ。
驚き·感動がある、自慢ができる財布だと思います。ぜひ周りの方に自慢してください。
二つ折りファスナー サドル

メールマガジンの登録

ご登録完了後、登録メールアドレス宛てに「ご登録完了メール」をお送りします。

メールマガジンはお客様のメール設定に合わせて、テキスト版、またはHTML版が表示されます。
※スマートフォンで、PC用のメールアドレスを登録される場合、早朝より配信する可能性がございます。

メールマガジンでの登録は無料ですが、接続料、通信費はお客様のご負担となります。

閉じる 登録する